ちゃいぺるブログ

中国語とタミル語を中心に、外国語学習の情報を発信します

中国語の発音は難しくて、日本語の発音は簡単だと思っていませんか?【音節数で】

f:id:tutty527:20210728221603p:plain

こんにちは。

今回は、中国語と日本語の発音について、音節数から比較してみましたので、ご紹介します。

 

 

日本語の発音は簡単?

日本人が外国語を学ぶときに、よく問題になるのが、発音がうまくできないということです。

そして、その原因は「日本語の発音が単純だから、外国語の発音がうまくできないんだ」と分析している人が多い気がします。

英語だと子音クラスタやthの発音などで苦労する人も多いでしょうし、中国語だとそり舌音や声調で苦労する人が多いでしょう。

その原因は、日本語の発音が少ないせいで、上手く発音できないんだ、と思っている人が多いようです。

 

「日本語の発音が単純」はただの思い込み

果たして、日本語の発音は本当に単純なのでしょうか。

こちらの図を見てください。

f:id:tutty527:20210728213604j:plain

日本語と中国語の音節数を比較したものになります。

図を見てわかるように、日本語の方が数が多いですね。

ということは、日本語の方が中国語よりも発音が複雑だということができます。

 

日本語の発音は「五十音」だけではない

日本語の発音は五十音しかないと思っていませんか?

実は日本語は音節で考えれば実に多くの発音を持っています。

拗音の入った音や促音(っ)の入った音も音節ではそれぞれカウントされます。

特に、んや促音(っ)は、後に続く子音で音が変わる性質があります。

もちろん、日本語母語話者は、これを無意識に発音しています。

そして、これらの音は区別しなくても意味の区別はしないため、日本語母語話者はそういった音があることすら意識できません。

これが日本人が日本語の発音は単純だと思い込んでいる要因です。

 

外国語の発音を学ぶことは、母語の価値観を壊すこと

外国語を学ぶ上で、一番最初にぶち当たる壁は、発音だと思います。

まずその言語の発音の構造から理解する必要があります。

これは、日本人が日本語を学ぶときにやったことのない作業です。

公教育で英語を勉強するときにもほとんどやりません。

慣れない作業で難しいかもしれませんが、これが言語と向き合う大切な作業となります。

そして、一つ一つの音を正確に把握していくことが大切です。

決して、日本語の発音が簡単だからできないからと、逃げないでください。

そうしないと、いつまでも発音が上達しないままになります。

がんばりましょう。