ちゃいぺるブログ

中国語とタミル語を中心に、外国語学習の情報を発信します

内向的な人は外国語学習に向いていない?そんなことはありません。【性格と語学の関係とおすすめの学習法】

f:id:tutty527:20210805202902j:plain

こんにちは。

今回は、外国語学習と性格の関係について、ご紹介します。

 

 

内向的な性格が語学には損?

外国語を学習していて、内向的な性格で損をしていると感じていませんか?

多くの場合、語学は話せることが一つの運用能力の指標となりますが、社交的な性格で、人と話すのが好きな人は、積極的に外国語を使って会話しようとします。

そういうタイプの人は、やはり会話が上達するのも早いです。

内向的な人にとっては、積極的に外国人と会話すること自体がハードルの高いものに感じられ、会話が早く上達する人たちが羨ましく思えることでしょう。

かくいう筆者も、性格は内向的&人見知りで、あまり多く話ができません。

周りの学習者がメキメキと会話力を伸ばしていくのを見て、焦りを感じていたこともありました。

性格が内向的だから、上達が遅いのだと思うことも多いかと思います。

性格と語学の関係

上達力の差

上記のようなことがあると、内向的な人は外国語学習に向いていないと感じるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

ある研究で、日本人の学生を対象に英語の授業を受けさせ、性格で上達の差が生まれるのか実験したものがあります。

結果としては、英語の上達と性格にはほとんど関係がないことがわかりました。

 

例えば英語の授業をイメージしていただくと、発言が求められるような授業が多いかと思います。こういった場合、クラスで多く発言するのはどのような性格の学生でしょうか。

外向的な人ですね。

外向的な人はこういった場合、意見や答えを発言することが多いため、授業の理解度が周りにも分かりやすいかと思います。

では、あまり発言しない内向的な人は、授業をあまり理解していないのでしょうか。内向的な人には分かるかと思いますが、そんなことはありませんね。

内向的な人は、理解していてもあまり発言しないため、周りから見て理解しているかどうかが分かりにくいと言われています。

しかし、理解度にはほとんど差はありません。

向いている学習方法

上達に差がないとは言っても、どちらも同じような学習方法ができるわけではありません。

外向的な人

外向的な人は、イメージ通り、話し相手を見つけては練習を多くすることが向いています。語学はインプットとアウトプットという考え方がありますが、アウトプットに強い性格です。

そんな外向的な人は、インプットが不足しがちだと言われています。

積極的に会話ができるようになりますが、中身のある内容、難しい単語、表現などが身に付きにくい傾向があります。

そんな人におすすめの学習方法があります。

会話の中から新しい表現を学んでみる

学習者が身につける日常会話は、どうしてもパターン化された表現や内容になりがちです。

そんな時は、いつもと違う内容の会話をしてみましょう。

テーマが変わると、使用する表現も変わってきます。これを繰り返して、新しい表現を学んでみましょう。

内向的な人

内向的な人は、外向的な人のようにたくさん会話の練習をすることは難しいかもしれませんが、教材を読んだり聞いたりすることで学習することに向いています。インプットに強い性格です。

そんな内向的な人は、どうしてもアウトプットが不足しがちです。

そんな人におすすめの学習方法があります。

言語交換アプリで会話してみる

内向的な人が困るのが、アウトプットの機会が多く持てないことだと思います。

そんな時は、言語交換アプリを使ってみましょう。

言語交換アプリのいいところは、

  • 友達が作りやすい
  • チャットで会話できる
  • 学習言語話者が文章の添削をしてくれる

が挙げられます。

顔を合わせなくても会話ができて、アウトプットの機会も劇的に増やせます。

慣れてきたら通話などもできるので、発音や会話の練習もできます。

内向的な人は、元々インプットで培われた正確な知識がありますので、すぐにレベルの高い会話ができるようになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、性格と外国語学習の関係について書いてみました。

国語学習は、外向的な人が行うイメージがありますが、実は誰でもできる学習です。以前ご紹介したように、外国語を学ぶきっかけやモチベーションは人それぞれです。

tutty527.hatenablog.com

 

語学で大切なことは、継続することです。外向的な人も、内向的な人も、適した方法で学習すると、上達を感じやすく、継続するモチベーションにもなります。

今は、気軽に言語交換がしやすい環境になっています。

内向的な人も、少し勇気を出してアウトプットの機会を持ってみましょう。

きっと、高いレベルまで上達することができますよ。