ちゃいぺるブログ

中国語とペルシア語を中心に、外国語学習の情報を発信します

【登山・旅行用】カメラを買い替えました。【PENTAX K-3 → OLYMPUS E-M5 MARK Ⅱ】

f:id:tutty527:20210926205827p:plain

こんにちは。

今回は、いつもと趣向を変えて、カメラの話です。

カメラを買い替えましたので、その背景などをご紹介します。

 

カメラ遍歴

筆者は、カメラも趣味としています。

これまでのカメラ遍歴は、こんな感じです。

 

 

カメラ用品店でアルバイトを始めたことをきっかけに、写真撮影に興味を持ち、当時一眼レフの中で一番軽いと言われていたニコンのD3300を購入しました。

 

それから中国に留学し、留学先や旅行先などでたくさん写真を撮りました。

帰国後、登山に目覚めたことをきっかけに、もう少し堅牢で、防塵防滴のカメラが欲しいと思い、ペンタックスのK-3に買い替えました。

このカメラは、非常に堅牢で、タフな登山や過酷な環境でも問題なく使えました。

おかげで、多くの山行で綺麗な写真を撮ることができました。

APS-C機ですが、解像度も申し分なく、防塵防滴、操作性抜群と、手放すのも惜しいと感じるくらいでした。

今はMARK Ⅲが出ているようです。

ペンタックスからオリンパスに買い替えた理由

ただ、登山でもっていくには重すぎます。

本体だけで710gあります。

つけていたレンズも重かったです。

レンズはこちらのレンズをつけていました。

このレンズの重量は488.01gあります。

広角から望遠まで使えて、写りもそこそこいいものです。日常づかいであれば、幅広く活躍してくれるであろうレンズです。

ただ、本体とこのレンズを合わせると、1.2kgあります。

加えて、登山中はすぐに撮影に入れるように、肩にカメラをかけて歩いていますが、500mlのペットボトル2本分以上の重さが肩に乗っかるのは正直しんどかったです。

そこで、名残惜しいですが、軽いカメラに買い換えることにしました。

登山を通して分かったことは、重量が第一だということ。

ペンタックス K-3が如何に堅牢で、使いやすく、撮っていて楽しいカメラであっても、山行に持ち出さなければ意味がありません。

事実、最後の方は、山行に持っていかなかった時もありました。

そこで見つけたのがこのカメラ。

オリンパスのE-M5 MARK Ⅱです。

ペンタックスを使用した感想を踏まえて、以下のことを重点にカメラを探していました。

  1. 軽いこと
  2. 防塵・防滴であること
  3. 使いやすいこと

これらの条件をクリアしたのが、このカメラだったのです。

本体の重量は417g。

レンズは、「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mmF4.0-5.6II」を合わせてもらいました。

レンズの重さは、285g。

本体とレンズを合わせても702gで、ペンタックス K-3の本体よりも軽いです。

F値が4.0〜5.6で、少し暗いですが、登山に持っていく分には事足りそうです。

 

マイクロフォーサーズのため、このレンズは35mm換算で28-300mm相当になります。

それが285gで持ち運びができるというのは、マイクロフォーサーズの強みでしょう。

少し使ってみた感想として、望遠側の描写が少し甘い気がします。

ちゃんと使いこなすために、どんどんこれを持ち出して練習していこうと思います。